結婚の種類

結婚の種類

日本で認められている
結婚の種類としては、
結婚以外には再婚くらいですが、
これも広い意味では結婚に入ります。

 

これ以外の結婚の種類といえば
集団婚や同性婚、重婚、事実婚、近親婚等が
ありますが、どれも日本では認められていません。
何故なら日本で認められている結婚の種類以外は様々な問題もあるからです。

 

集団婚(集団結婚)

集団婚と言う結婚の種類は、特定の相手と婚姻関係を持つのでなく
集団で結婚すると言う形式で、原始時代等の大昔に多かった
結婚の種類だと言われています。

 

又、この形とは異なりますが、特定の宗教団体が、団体内の男女を
結婚させる集団結婚というスタイルもあり、社会問題化したことがありました。

 

同性結婚

同性結婚は同性同士が結婚するスタイルで、日本では認められていませんが、
一部ヨーロッパの国では、認められてきている結婚の種類です。

 

同性結婚に対しては、宗教や文化等が根底となり判断が分かれますが、
近年日本でも、性同一性障害等の研究も進んでいる事から
将来的には、同性結婚に対する考え方が変わるかもしれません。

 

事実婚

事実婚は、いわゆる内縁関係とも言われるスタイルで、婚姻届を
出していないだけで、それ以外はほぼ、普通の結婚と同じ状態
です。
婚姻届を出していないですが、状況により婚姻関係として認められる
場合もある
そうです。

 

重婚

これは二重に結婚をするということなので、国内では犯罪対象となります。

 

通い婚

通い婚はキチンと婚姻届を出して、夫婦として認めらている状態で、
お互いに別々の場所に住んで、どちらかの家に通って結婚生活を送るスタイルです。

 

以前は週末婚などと言う結婚スタイルもありました。
基本的に法規的にも問題なく、婚姻関係が認められているので、
通い婚は他の結婚の種類の結婚スタイルとは異なります。

 

また、通い婚以外にも、同じように法律的に認められていると言う点では
年の差婚等も入るかも知れません。

最近の歳の差婚と言えばカトちゃんが話題ですね。