結婚の形態

結婚の形態

結婚の形態は各国により様々です。

 

例えば日本の結婚の形態で考えると
一夫一妻制で、不倫等の夫婦以外での
性交渉を禁じています。

 

つまり日本の結婚の形態で言えば、
結婚するとお互いに、貞操義務が
発生するわけです。

 

 

このような一夫多妻制の結婚の形態は、元々ヨーロッパやアメリカで多く見られ
キリスト教に、大きな影響を受けていると言われますが、世界の中では
一夫多妻制と言う、結婚の形態を認めている国も多いと言われます。

 

どちらかと言うと、一夫多妻性と言う結婚の形態をとっている国は
イスラム圏内の国や、アフリカ等に多いようです。

 

このような一夫多妻の場合、男性のステータスが、多くの奥さんを持つことで現されています。
幾ら一夫多妻制の国に住んでいるからと言っても、男性に経済力がないと
複数の女性と、婚姻関係を結ぶ事ができないからです。


昔の結婚の形態

日本の結婚の形態は、
昔は歪な形態と言うことができます。

 

日本には古くから、結婚とは家が
反映するために行うものだと
言う考えがあった
からです。

 

その為結婚後の貞操義務も
女性にだけありました。

 

 

武家社会の慣わしとして、跡取りが途絶えないように
外に愛人を持つことが認められていたのです。
しかし、人妻が浮気すると、最悪は死罪と言う厳しい罰則がありました。
このように日本も昔は、一夫多妻に近い状態だったわけです。


変わった結婚の形態

文化に違いがあるように
結婚の形態でも、様々な
形態が、その国によってあります。

 

現在は国際的には、一夫多妻制の
ような結婚の形式は、男尊女卑として
非難されがちですが、一部の国では
一人の奥さんが、複数の男性を持つ一妻多夫制の国もあります。

 

現在は殆ど無くなった一妻多夫制ですが、現在でもチベットの一部では
これに近い状態が残っているそうです。このように世界を見れば、様々な
結婚の形態がありますが、個人的には一夫一婦制がベストだと思います。
夫婦はお互いが無二の存在として、男女一人ずつが良いのではないでしょうか?