結婚の効力〜責任と義務

結婚の効力〜責任と義務

結婚は楽しいこともあれば楽しくないこともあります。
当然ですが結婚は一定の効力を持ちます。
つまり結婚することにより、夫婦間には
様々なルールが出来てきます。

 

ルールが出きるということは、言葉を変えれば
結婚により、新たな責任と義務が発生する
と言うことです。
このようなルールが、結婚の効力とも言えると思います。

 

この結婚の効力については、お互いの思いやりが合って
初めて、夫婦にプラスに働きます。

 

逆に独身時代の延長線上で、常に自分が中心と言う考え方だと、結婚の効力というか
ルールは辛く感じる事も多いでしょう。

 

結婚によりできるルール

例えば結婚すると、財産に関するルールも新しく出来ます。
正式には夫婦財産制と言いますが、結婚した後での収入に関する考え方です。
結婚後の収入は、例え妻が専業主婦であっても、夫婦の共有財産と
言う考え方が一般的
です。

 

又、本来夫婦生活でかかる経費や家事労働などについても、夫婦で
負担するべき
ことになっています。
しかし、結婚前の貯金などは、基本的に結婚後も個人の財産として考えてもOKです。

 

 

厳しいバツも結婚の効力

結婚の効力と言う決まりの中には、決まりを破ってしまった場合の罰も含まれます。
一番大きなルール違反は、浮気や不倫、ギャンブルなどによる
経済的破綻、暴力などでしょう。

 

これらの場合は、最悪の場合離婚という、結婚の効力上最大の罰則が
適応されることもあります。

 

 

結婚に向いていない人は

このような、結婚により発生するルールに対して、適応できない人も中にはいます。
例えば、自分は他人から縛られたくないと言う考え方を持っている人です。
結婚の効力、つまり結婚のルールとは、単純に言えば、お互いを
お互いが、縛り合う事により成り立っています。

 

夫婦がお互いにバラバラで、自分のことしか興味が無かったら、
恐らく幸せな家庭は、作ることができないでしょう。
中には結婚後に気付いて、最終的に離婚する夫婦もいるので
結婚前にキチンと見極めておきましょう。

 

 

結婚の効力をプラス思考で考えると

結婚の効力=ルールも、考え方次第で、
幸せになるためのルールとも言えます。

 

例えば、一人では出来ないことも、二人であれば出来る場合も多いですし、
多少窮屈な思いをしたり我慢をしても、それによりパートナーが喜んでくれると
自分の事以上に嬉しかったりします。

 

その最たるものが、子供ではないでしょうか?
仕事などで挫けそうになっても、帰って子供の寝顔を見て頑張れた等と
言う事も実際にあります。
このような事も、結婚の効力の一つではないでしょうか。