結婚の定義

結婚の定義

結婚の定義については余り
話題に上がる事が少ない
事の一つです。

 

結婚の定義に関しては、
幾つかの意見があり
その中には、結婚は定義など
存在しないと言う意見や
逆に複数の定義が、結婚には
存在すると言う意見まで
様々あります。

 

結婚に限らず、定義とは正確な意味付けや、決まり事という意味が一般的です。
このような視点から考えると、やはり結婚には定義が存在すると思います。
その一番の理由は、婚姻関係は、法的に認められているからです。

 

結婚すると婚姻届により、戸籍に記載され、法律によって権利が保証されます。
この部分が結婚の定義として、一番中核を占める部分です。
また、法的な根拠はあやふやですが、結婚は読んで字の如く、
様々な結びつくと言う事も出来ます。

 

そのような意味合いで言えば、結婚による4つの結びつきも結婚の定義と言えるかもしれません。

 

4つの結びつきとは

結婚の定義とも言える四つの結び付きとは、

 

社会的な結びつき

 

経済的な結びつき

 

人間的な結びつき

 

家同士の結び付きです。

 

この中で4つめの家同士の結びつきと言うことは、多少時代遅れかもしれませんが、
嫁姑問題が取り上げられる事を見ても、結婚による新たなる結び付きと
言えるのではないでしょうか。

 

結婚の定義による結び付きは結婚により、血のつながりのない男女が結びついて
新たなる血の繋がりと共に、社会とも経済的な面でも、人間関係も一人の時には
得られなかった物が、結婚により結びつくことにより得られます。

 

然し、新たなる結び付きを良くも悪くも変えていくのは、夫婦となる二人次第だと言えます。

 

契約

契約という概念も、結婚の定義として用いられる場合が多いです。
血縁関係が全くない二人が、結婚により残りの人生を共有するのは
一種の契約だとする考え方です。

 

この場合、結婚という契約の対面にあるのが離婚という契約解除です。
以前に、結婚を契約だとする夫婦には、離婚が多いと言う話を聞いたことがあります。

 

根拠はありませんが、結婚を契約と考えると、何となく寒々とした感じを私は受けます。
その為、この結婚は契約だと言う定義は、個人的には嫌いです。
しかし、一応他では言われている事なのでご紹介しました。

 

他の結婚に関する定義

これ以外にも結婚に対する定義を紹介している書籍やサイトは数多く存在します。
結婚とは様々なスタイルがあり、それらは認められています。
その中には同居や別居、通い婚、年の差婚、内縁等も結婚のスタイルの一つです。

 

また、海外に目を向けると、同性同士での結婚が認められている国もあります。
これらも全て結婚の定義であると言う理論も存在します。