結婚カテゴリー

結婚適齢期

結婚適齢期も時代と共に変化します。
結婚適齢期とは、男女ともに結婚に
対して、適切だと考えられる年齢の
事ですが、近年は晩婚化が進んだ
おかげで、30代に入ってからの結婚が
多い
ようです。

 

その為現在の結婚適齢期は、従来の
20代前半〜後半と言う意見と、
20代後半だと言う意見があります。

 

ただ、結婚適齢期を生物学的に考えると、やはり女性では23-25歳位とも言えそうです。
勿論現在は医学的な面での進歩しているので、この年齢が絶対結婚適齢期と
言うわけではありません。あくまで結婚適齢期の一つの目安と言うことです。

 

結婚適齢期の移り変わり

結婚適齢期は、その国の文化や貧困状況によっても変わってきます。
日本においても、数十年前は女性は15〜16歳位で結婚&出産をするのが一般的でした。
この時代は、一人の女性が多くの子供を生む必要があったからです。
つまり国としても労働力を増強する必要があった訳です。
このように結婚適齢期は、様々な要因により移り変わっていくと言えます。

 

結婚適齢期を気にするべきか

現代は個の時代と言われるように、個人の意思が尊重されるので、
結婚適齢期に、無理やり縛られる必要はないといえます。
しかし、出産や子育てを考えると、ある程度若い内に
結婚をした方が良いと言う意見もあります。

 

後は個人個人の気持ちの中に、それぞれの結婚適齢期があるのではないでしょうか。
つまり私は30歳までには結婚したいと考えるのであれば、
その人にとっての結婚適齢期は、30歳と言えるのではないでしょうか。

 

法律と結婚適齢期

法律的に結婚適齢期としての定義はありませんが、結婚できる年齢というのは決められています。
男性は18歳以上、女性は16歳以上が、法的に結婚を許される年齢と言うことです。

 

現在は結婚適齢期を外れて結婚をする人達が多く、早い人は10代後半で
遅い人は40代位の結婚も多いようです。
結婚適齢期を避けて結婚しているという見方も出来そうです。

 

結婚適齢期を過ぎてしまったら

結婚適齢期を過ぎてしまっても、結婚を諦めるのはよくないと思います。
中には若い頃は仕事や趣味に夢中で、気がついたら結婚適齢期は
遠い昔に、過ぎてしまったと言う人もいると思います。

 

そのような人でも、結婚を諦めることはありません。
結婚したいと思った時が、その人の一番の結婚適齢期だと私は思います。
それが例え40歳だろうが、50歳だろうが、結婚したいと思える人と
出会ったら、思い切って結婚したら良いと思います。