結婚相手と相性

結婚相手と相性

結婚相手と相性が、合うか合わないかは
大きな問題の一つです。

 

お互いの趣味や金銭感覚、食の好み、価値観等が合うと
相性が良いと言う時が多いみたいです。
然し結婚相手と相性が、完全に合わないと
幸せになれないかと言うと、決してそうでもありません。

 

勿論、嫌悪感が走る位、嫌な行為があると言う場合は
最悪の相性となり、結婚相手の相性としても最悪です。
でも、合う部分と合わない部分があると言う場合は、
必ずしも、結婚相手の相性としてはダメだとは言えません。

 

徐々に結婚相手と相性は合ってくる

結婚を意識すると、結婚相手と相性が合うと思う部分と、合わないと思う部分があり
このまま結婚しても良いのかと、迷う人も多いです。
然し、相性とは、初めから一致している場合もあれば、
二人の関係が深まって行く中で合ってくる場合もあります。

 

例えば性格や考え方、価値観等の内面的な部分が、
正反対なカップルでも、結婚して上手く行く場合もあります。
これはお互いがお互いを、補い合うことにより、物事が上手く行くからです。
勿論、お互いに対する信頼と愛情があり、互いを認め合っている事が前提です。

 

相性が良い二人を、似たもの同士と言いますが、
似たもの同士であるが故に、上手く行く事も行かないこともあります。

 

結婚とは二人で創って行くものですから、初めは多少異なっていても、相手を認めて
新しい価値として、自分の中で認めていく事も大切です。

そのような状態を通して、二人の相性は更に深まっていくものです。

 

相性を理由にしない

離婚した夫婦に理由を聞くと、確実な理由(浮気とか暴力、金銭など)以外で
多いのが、二人の相性や価値観が違ったと言う理由です。

 

結婚とは、お互いに異なる価値観や性格の二人が、
新しい価値観を、作り育てていく事だとも言えます。
そして、その中で、相性も更に合っていきます。

 

初めから、完璧に合う相性や、価値観などありません。
結婚を考える時や、結婚相手と相性について考える時は、この事を前提において考えましょう。