結婚相手と顔

結婚相手と顔

 

結婚相手に顔と性格のどちらを求めるか言われれば、
恐らく多くの方が、性格と答えるでしょう。

 

中には、結婚相手は顔が第一と言う人もいらっしゃるでしょうけど、
恐らく少数でしょうし、結婚相手は顔だけが良くて、それ以外は
全く気にしないのかと言われれば、そんな事はないと言うでしょう。

 

嫌な顔は結婚相手には選ばない

結婚相手を決めるポイントの一つとして、相手の外見を上げる人は多いですが、
それでも結婚相手は顔で選ぶと言う、極端な意見を持っている人は少ないでしょう。

 

然し、個人的に結婚相手と顔と言う事で感じるのは、
嫌なタイプの顔の人だけは、止めておいた方が良いと言う事です。

 

間違って欲しく無いのは、醜男やブスに代表される嫌な顔ではなく、
生理的にどうしても、好きになれないタイプの顔は、結婚相手に
選ばない方が良い
と言う事です。

 

顔はその人を表す

普通、結婚相手に限らず、恋愛相手としても、自分のタイプでない異性は
選ばないものですが、時折その人が持っている条件などに、心が揺らされる時もあると思います。
その時に、この顔は嫌だと感じる感性が、判断基準として正しい場合が多いのです。

 

人間はある年齢になると、その人の内面が顔に現れます。
そして、その顔に対して、良いとか悪いではなく、何となく嫌だなとか、
どうも好きになれない顔だなと、感じる時があります。

 

このような感情は案外正確で、その人と貴方は相性が悪いとか、
お付き合いしても上手く行かないと言う場合が多いのです。

 

結婚相手の顔に惑わされない

人は何かに迷った時や、何かを決めなければならない時に、
頭では納得しているのに、体が言うことを聞かないと言った場合があります。
これは自分の本能が、その判断は間違っていると教えてくれている様な物です。
実際に無理して結婚して、やっぱり上手く行かなかったと言うケースは多いです。
本当に嫌な顔だと思ったら、結婚はしないほうがお互いの為です。