結婚相手と年収

結婚相手と年収

結婚相手の年収を、気にすると言う人は結構多いです。
中でも、結婚相手の年収を気にするのは、女性に
多いですが、男性でも、内心彼女の収入や貯蓄額に
興味を持っている人もいます。

 

特に共働きを考えている場合、結婚相手の年収を
気にする男性もいるようです。

 

結婚相手の年収については、様々な会社がデーターをとっています。
そのようなデーターを基に、結婚相手と年収についてご紹介します。


女性が望む結婚相手の年収

女性の希望として、男性に望む
結婚相手の年収は下記の通りです。

 

400万以上

25.6%の女性の意見です

500万以上

22,5%の女性の意見です

300万以上

16.6%の女性の意見です

600万以上

13.6%の女性の意見です

 

このデーターは、手結婚情報サービスのオーネットが、20代〜40代の女性900人を対象に、
2011年に行なった調査を元にさせて頂いたのですが、年代的には、20代の
若い年代の女性のほうが、結婚相手の年収は少なくても
良いと答えたケースが多かったようです。


データーが全てではありません

雇用や年収には、地域格差と言う問題も存在します。
東北・北海道や九州・沖縄地域では、平均年収
(平均県民所得)が200万円台と言われます。

 

データーだけを鵜呑みにすると、婚活自体に消極的になったり、
自分の結婚相手の年収は、低いと感じたりするかも知れません

 

しかし、年収は結婚相手を選ぶ際の、一つの判断基準で
あるかも知れませんが、全てではありません。

 

一番大切な事は、幸せな家庭を築くために、何が必要かと言う事です。
ある程度の経済力は必要ですが、経済力だけが全てと言うのは間違っています。
例え、今現在の年収が多少低くても、二人で協力しあって
幸せな家庭を築くことは十分可能です。