結婚相手の職業

結婚相手の職業

結婚相手の職業を気にする場合は、
主にお見合いなどで、結婚相手を、
探そうとする場合です。

 

中でも、結婚相談所等では、
結婚相手の職業を、気にする人も多いと思います。

 

特に男性に比べ、女性は結婚相手の職業を、
気にする人が多いようです。


女性が好む結婚相手の職業

女性に人気が高い、結婚相手の職業としては、
医者、弁護士、青年実業家(社長)、公務員などです。

 

然し、これはあくまでも希望的意見で、実際は
キチンと定職についていて、真面目に働いている
人なら良いと言う意見が圧倒的です。

 

結婚相手は職業よりも、相性や仕事を取り巻く環境
(転勤があるかとか、時間や休日が不規則かなど)に
関する事を、気にすると言う意見が多い
です。

 

また、一部の女性の中には、結婚相手の職業より
仕事が出来ない男性は、結婚相手としてはNGだと言う意見もありました。


男性が好む結婚相手の職業

男性が好む結婚相手の職業としては、
客室乗務員(スッチー)や、看護士などと
言ったアンケート結果があるようですが、
実際は男性が結婚相手の職業に
拘る(こだわる)ことは殆どありません。

 

流石に水商売とか風俗系の仕事などは、
抵抗を感じますが、それ以外であれば、例え
無職でも気にしないと言う男性は多いです。

 

男性の場合、結婚相手に望むのは、
職業というより、共働きをして欲しいと言う意見の方が多いようです。


結婚相手の職業より大切なこと

結婚相手の職業よりも、大切な事は
お互いに仕事に対して、どのような
価値観を持っているかです

 

どのような職業でも、意欲ややりがいがないと
続かないでしょうし、結婚後も転職を続けると
安定した生活設計は難しくなります。

 

また、休日や帰宅時間が、不規則と言った
仕事の場合、それが嫌だとしたら、結婚生活か
仕事のどちらかを、諦めなければならなくなります。

 

特に結婚後も、共働きで仕事を続ける場合、夫より
妻の方が帰宅が、遅くなったりする場合もあります。

 

結婚相手の職業について考える場合は、このように、
お互いを取り巻く仕事上の環境について、
事前に話し合い納得しておくことが大切です。