お見合い結婚

お見合い結婚

今も昔も、結婚の2大方法と言えば
お見合い結婚と恋愛結婚です。

 

日本においては、昔になればなるほど
お見合い結婚が主流でした。

 

現在は恋愛結婚が主流ですが、
わずか、30年〜40年前位は
お見合い結婚の方が主流でした。

 

お見合い結婚の移り変わり

現在はお見合い結婚の数は激減していると思っている人も多いですが、
それはお見合い結婚のスタイルが変わっただけで、現在もお見合い結婚は
それなりの割合を占めています。

 

しかしお見合い結婚のメリットや必要性等の、お見合い結婚を取り巻く
環境は時代と共に大きく様変わりしています。

 

昔のお見合い結婚

昔のお見合い結婚には日本の家督制度が大きく関係しています。
昔は、お互いが好きだからと言う理由での結婚は出来ませんでした。
そこには当人同士よりも家と言う存在が大きかったのです。

 

結婚相手は周りが探すものと言うイメージが、最近でも
お見合い結婚にはついて回ります。

 

現在のお見合い結婚

近年、確かにお見合い結婚は少なくなり、圧倒的に
恋愛結婚が主流でになっています。

 

そのような中で、現在のお見合い結婚のスタイルには、
結婚相談所や結婚情報サービスが深く関係しています。

 

以前と違い、身の回りで結婚相手を紹介してくれる人がいなくなった事に加え、
中々結婚相手を探せない人や、30代〜40代の独身者が増えている事もあり、
結婚相手を紹介するビジネスが大人気です。

 

このような結婚相談所を利用したお見合い結婚では、自分の条件に
マッチしている人だけに出会うことが出来るため、普通より理想に近い
結婚相手を探すことが可能だとされていて人気
です。

 

このようなスタイルが、現在のお見合い結婚の主流と言えます。
また、お見合いパーティー等も人気です。

 

仲人不要

このように今と昔では、お見合い結婚のスタイルも大きく変化しています。
それに合わせて、昔のお見合い結婚には必要不可欠だった
仲人さんも不要といったケースが増えてきています。

 

勿論仲人さんは、恋愛・お見合い結婚問わず、職場の上司や
親戚筋にお願いをしているケースも多いですが、それでも
昔に比べると割合は低くなっています。

 

お見合い結婚、恋愛結婚問わずに、現在の結婚は
軽い感じになってきているようです。