内臓脂肪症候群

内臓脂肪

スッキリ☆安心生活のすすめ!!

        ☆☆ようこそ!当サイトへ☆☆

     健康管理士の管理人が
     メタボリック症候群と関係する病気予防を
     通してスッキリ安心生活を応援します!



  ☆内蔵脂肪対策!内臓脂肪症候群のぺージ☆



「スッキリ☆安心生活のすすめ!HOME」>内臓脂肪

        
       ようこそ!
 ごゆっくりご覧くださいね!

  
   ☆内臓脂肪症候群に役立つ情報をご紹介します!☆

  内臓脂肪をしっかりコントロールする事はメタボリックシンドロームを防ぎ
  生活習慣病である高血圧や脳卒中・心筋梗塞などを予防する事に
  通じます。今日から病気予防+スッキリで安心生活を送りましょう!
  
今日からスッキリ・安心♪♪            スポンサードリンク
           

 内臓脂肪症候群とは、メタボリックシンドロームとも呼ばれる疾患です。
 食生活の欧米化などと言った、生活習慣の変化に伴い、社会問題とも
 言われる程、健康にとって悪影響を及ぼすとされる疾患です。


 ・内臓脂肪とは

 内臓脂肪とは、名称が表すように、人間の脂肪の中でも、内蔵に蓄積
 された脂肪の事です。体内の脂肪は肥満と関係を持ちますが、肥満の
 原因となる皮下脂肪と異なり、内蔵の脂肪のため、必ずしも外見的に
 肥満と判断できない場合も多く、その為、内臓脂肪型肥満は隠れ肥満とも
 呼ばれます。

 また、内臓脂肪は皮下脂肪と比べてつきやすく、減りやすいという性質を
 持ちます。その為、一時的に内臓脂肪が増えても、有酸素運動や
 適切な食事等の生活習慣の改善により、比較的簡単に減らしていくことが
 可能です。

 そして内臓脂肪型肥満は、女性よりも男性に多く存在します。
 その理由は、男性ホルモンに関係します。
 男性ホルモンは、筋肉量を増やすために内臓脂肪も多く蓄えます。

 筋肉量は男性のほうが女性より多いため、筋肉を動かすための
 エネルギー源となる内臓脂肪も、元々女性より男性に多い存在します。
 
 このような理由により、内臓脂肪が増えることにより、発症する内蔵型
 肥満も、女性より男性に多いとされています。


 ・内臓脂肪症候群とは

 内臓脂肪症候群とは、メタボリックシンドロームの事です。
 内臓脂肪症候群は、メタボリックシンドローム以外にも、メタボや
 メタボリック症候群とも呼ばれる事があります。

 内臓脂肪症候群と内蔵型肥満を、同じと誤解している人が多いですが、
 内蔵脂肪型肥満と内臓脂肪症候群は、全く異なります。

 内蔵型肥満とは、肥満のタイプの一つで、内蔵に脂肪が蓄積された
 状態を表します。

 リンゴ型肥満とも言われる肥満タイプが内蔵脂肪型肥満です。

 それに対して内臓脂肪症候群は、メタボリックシンドロームの事ですので、
 内臓脂肪過多の状態に、更に高血圧、高血糖、HDL(善玉コレステロール)
 又は中性脂肪の中で、2項目以上に異常が見受けられた状態を指します。


 ・内臓脂肪を減らすには

 内臓脂肪を減らすには有酸素運動が有効です。

 また、高カロリー食を避けて、間食などをしないように、規則正しい
 食生活や、過度の飲酒を止める事などで、内臓脂肪を減らすことが
 可能です。

 内臓脂肪は皮下脂肪に比べて、溜まりやすく減らしやすいと言った
 特徴を持ちます。

 その為内臓脂肪のダイエットは、皮下脂肪を減らす一般的なダイエットに
 比べると、成功しやすいので頑張って内臓脂肪ダイエットに取り組みましょう。



 ・内臓脂肪症候群の予防対策とは

 内臓脂肪症候群を予防し対策するには、肥満(内蔵肥満と皮下脂肪型
 肥満)と、コレステロールと、中性脂肪と、血圧と、血糖値を正常に
 保つことです。

 このように書くと、すごく大変に見えますが、実際には生活習慣の改善で
 全て一緒に解決できます。

 生活習慣とは、食生活、運動(運動不足解消)、ストレス解消の三つが
 大きな柱と言えます。

 この三つを見直し、改善する事により、内臓脂肪症候群(メタボリック
 シンドローム)の予防対策が可能です。


 @食生活

 食生活は高カロリー食を避けて、高タンパク低脂肪食に変えましょう。
 また、暴飲暴食や間食は避けて、規則正しい食事サイクルにしましょう。
 中年に差し掛かったら、食べ過ぎに注意が必要です。
 飲酒は適量で問題ありませんが、脂っこいつまみに注意しましょう。
 たばこ活性酸素を増やし、コレステロールを酸化させたり、HDLを
 減らすので、出来れば禁煙をお勧めします。


 A運動不足解消

 慢性的な運動不足は、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)のみ
 ならず、肥満を増長させ、様々な病気の温床となる危険を持っています。
 是非とも定期的に、運動を行う習慣を持ちましょう。

 運動の中でも、適している運動は有酸素運動です。
 散歩(ウオーキング)でも良いので、出来れば30分程度、週に3回程度
 行うと良いです。


 Bストレス解消

 ストレス解消にも、有酸素運動が効果を発揮します。(ストレスと運動
 他には、入浴やドライブなど、気分を変えリラックス出来る行為が
 ストレス発散につながります。

 ※これらの生活習慣の見直しが大変な時は、サプリメントや健康食品、
   室内で手軽に出来る有酸素運動器具などを活用すると良いと思います。
   ただ、商品のチョイスには注意が必要です。
 (参考:ダイエットサプリメントと健康食品燃焼系サプリメント
      メタボリックサプリメント、コレステロールサプリメント
      糖尿病サプリメント下腹ダイエット器具楽しいダイエット運動

           スポンサードリンク
           


     スポンサードリンク
     

 ☆メタボリックな病気☆
 ・メタボリックシンドローム
 ・動脈硬化
 ・コレステロール
 ・善玉(HDL)
 ・悪玉(LDL)
 ・高脂血症
 ・内臓脂肪
 ・ドロドロ血
 ・血流改善
 ・高血圧
 ・糖尿病
 ・血糖値
 ・狭心症・心筋梗塞
 ・脳梗塞
 ・肥満

 ☆スッキリダイエット☆
 ・ダイエット
 ・ストレス太り
 ・水太り
 ・中年太り
 ・下半身太り
 ・腹回り
 ・下腹
 ・太もも
 ・ウエスト
 ・下腹部
 ・セルライト解消

 ☆症状改善に役立つ
   サプリメント・健康食品☆

 ・亜鉛
 ・アミノ酸
 ・アロエ
 ・イチョウ葉
 ・うこっけい
 ・ウコン
 ・牡蠣エキス
 ・オレイン酸
 ・核酸
 ・カテキン
 ・カルシウム
 ・ガルニシア
 ・キトサン
 ・ギムネマ
 ・クエン酸
 ・黒酢
 ・桑葉エキス
 ・杜仲茶
 ・ヤーコン
 ・ケール
 ・ビール酵母
 ・コエンザイムQ10
 ・ゴマ
 ・コラーゲン
 ・コンドロイチン
 ・サイリウム
 ・田七人参
 ・しじみエキス
 ・しそエキス
 ・食物繊維
 ・スピルリナ
 ・セレン
 ・大豆サポニン
 ・カプサイシン
 ・納豆キナーゼ
 ・梅肉エキス
 ・ギャバ
 ・バナバ茶
 ・プロポリス
 ・モロヘイヤ
 ・リコピン
 ・にんにく卵黄
 ・ルイボスティー
 ・レシチン
 ・DHA&EPA

 ☆ダイエット弊害改善
        サプリメント☆

 ・ダイエット弊害改善
 ・冷え性
 ・便秘
 ・貧血
 ・ダイエットストレス

 ☆スッキリお役立ち☆
 ・デトックス

  










Category…No1
Copyright (C) 2007 スッキリ☆安心生活のすすめ! All Rights Reserved