悪玉コレステロール

悪玉 コレステロール

スッキリ☆安心生活のすすめ!!

        ☆☆ようこそ!当サイトへ☆☆

     健康管理士の管理人が
     メタボリック症候群と関係する病気予防を
     通してスッキリ安心生活を応援します!



    ☆悪玉コレステロールのぺージ☆



「スッキリ☆安心生活のすすめ!HOME」>悪玉コレステロール

        
       ようこそ!
 ごゆっくりご覧くださいね!

  
   ☆悪玉コレステロール改善に役立つ情報をご紹介します!☆

   悪玉 コレステロールは動脈硬化をはじめ、生活習慣病である
   高血圧や脳卒中・心筋梗塞などを予防する事に関係します。
   更に、コレステロールはメタボリックシンドロームに関係します。
   今日から病気予防+スッキリで安心生活を送りましょう!
  
今日からスッキリ・安心♪♪        スポンサードリンク
         

 ・悪玉コレステロールとは

 悪玉コレステロールが増える事と、善玉コレステロールが減る事は
 共に、コレステロール対策にとって、大きな弊害となります。

 コレステロールとは、簡単に言うと、身体の中(血液の中)に、存在する
 脂質の一種です。脂質とは簡単に言うと脂の事です。ですので、
 コレステロールが多すぎると、血液はドロドロ状態になるし、血管にも
 悪影響を与えます。

 コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールが
 ある事は、多くの方々もご存知だと思いますが、身体にとって、全くの
 悪者で、存在しないほうが良いと言うことでもありません。

 コレステロールも、身体に必要な成分の一つなのですが、悪玉
 コレステロールは、増えすぎると健康維持にとって、大きな弊害と
 なるので、コントロールする必要があります。

 ちなみに、正常な悪玉コレステロール値(LDLコレステロール値)は
 140mg/dl以下です。
 


 ・悪玉コレステロールが増えるとどうなる

 悪玉コレステロールが増えると、血液がドロドロ状態になり、動脈硬化から
 進行して、動脈硬化症という血管の病気を引き起こします。

 さらに中性脂肪も、増えやすい状態に身体がなるので、高脂血症という
 病気の原因にもなります。

 さらに高血圧糖尿病などにもかかりやすくなり、最終的には脳の病気
 (脳梗塞)や心臓の病気(心筋梗塞や狭心症)を引き起こしやすくなります。

 その為悪玉コレステロールは、適正範囲内に収まるように、心がけ
 なければなりません。(善玉コレステロールや総コレステロール値も
 正常値をキープする事が大切です)



 ・超悪玉コレステロールは本当に怖い

 悪玉コレステロールの中でも、超が着く悪玉コレステロールは、普通の
 悪玉コレステロールより、とても危険なコレステロールです。

 超コレステロールとは、形が小さい、小型のコレステロールです。

 形状的に小さいため、血管の中(血管壁)に入りやすく、酸化しやすいと
 言う特徴を持ちます。血管壁に入り込み酸化すると、急激に動脈硬化
 進行させます。

 その為、通常のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)に比べて
 小型LDLコレステロールである超悪玉コレステロールは、危険度も、
 超がつくと言えます。なんとしても防ぎたい悪玉コレステロールです。



 ・悪玉コレステロールの予防&改善には

 悪玉コレステロールの予防&改善に必要なことは、食事・運動・ストレス等の
 コントロールをきちんと行う事です。

 そして肥満にならないようにする事です。

 太って肥満化すると言うことは、体内では中性脂肪が増えている状態です。
 中性脂肪が増えると、コレステロールも悪影響を受けるので、高脂血症
 言う病気を引き起こしやすくなります。

 ・食事

  毎日の食事の中で、コレステロールが多く含まれる食品を、コントロール
  していくことも必要です。

  コレステロールが多く含まれている食品には、肉や卵類、バターなどの
  動物性食品、飽和脂肪酸の多い加工食品が入りますが、実際に
  コレステロール値が、これらの食品を摂取したからと言って、全ての人の
  悪玉コレステロール値が、必ず上がるかというと、そうでもありません。

  個人差があります。ですから、このような食品を完全に避けると言うよりも、
  一緒にコレステロールを、排出する働きを持つ食品を撮ると良いでしょう。
  それは海藻類などに多い食物繊維です。

 ・運動

  有酸素運動を行いましょう。

  有酸素運動は悪玉コレステロールの予防対策は勿論の事、肥満対策の
  ダイエットにも最適です。また、糖尿病の予防にも良いです。

  有酸素運動の素晴らしさは、ダイエットやコレステロール低減だけに
  留まらず、ストレス対策にも効果を発揮する点です。

 ・ストレス対策

  悪玉コレステロール対策は、同時に酸化対策も必要です。
  何故なら悪玉コレステロールが、活性酸素等の酸性物質により
  酸化されると、超悪玉コレステロールを生むからです。

  そして、ストレスもコレステロールを酸化させてしまいます。

  然し、有酸素運動は気分転換にもなるので、ストレス解消にも効果を
  発揮します。是非とも有酸素運動を定期的に行う習慣を持ちましょう。

  有酸素運動は散歩程度のウォーキングでも良いですし、時間が取れない
  ときは、室内で有酸素運動が出来る運動グッツなどを使っても良いでしょう。
  また、酸化防止には、抗酸化作用を持つポリフェノール等の抗酸化物質
  有効に働きます。

        スポンサードリンク
         


   スポンサードリンク
   

 ☆メタボリックな病気☆
 ・メタボリックシンドローム
 ・動脈硬化
 ・コレステロール
 ・善玉(HDL)
 ・悪玉(LDL)
 ・高脂血症
 ・内臓脂肪
 ・ドロドロ血
 ・血流改善
 ・高血圧
 ・糖尿病
 ・血糖値
 ・狭心症・心筋梗塞
 ・脳梗塞
 ・肥満

 ☆スッキリダイエット☆
 ・ダイエット
 ・ストレス太り
 ・水太り
 ・中年太り
 ・下半身太り
 ・腹回り
 ・下腹
 ・太もも
 ・ウエスト
 ・下腹部
 ・セルライト解消

 ☆症状改善に役立つ
   サプリメント・健康食品☆

 ・亜鉛
 ・アミノ酸
 ・アロエ
 ・イチョウ葉
 ・うこっけい
 ・ウコン
 ・牡蠣エキス
 ・オレイン酸
 ・核酸
 ・カテキン
 ・カルシウム
 ・ガルニシア
 ・キトサン
 ・ギムネマ
 ・クエン酸
 ・黒酢
 ・桑葉エキス
 ・杜仲茶
 ・ヤーコン
 ・ケール
 ・ビール酵母
 ・コエンザイムQ10
 ・ゴマ
 ・コラーゲン
 ・コンドロイチン
 ・サイリウム
 ・田七人参
 ・しじみエキス
 ・しそエキス
 ・食物繊維
 ・スピルリナ
 ・セレン
 ・大豆サポニン
 ・カプサイシン
 ・納豆キナーゼ
 ・梅肉エキス
 ・ギャバ
 ・バナバ茶
 ・プロポリス
 ・モロヘイヤ
 ・リコピン
 ・にんにく卵黄
 ・ルイボスティー
 ・レシチン
 ・DHA&EPA

 ☆ダイエット弊害改善
        サプリメント☆

 ・ダイエット弊害改善
 ・冷え性
 ・便秘
 ・貧血
 ・ダイエットストレス

 ☆スッキリお役立ち☆
 ・デトックス

  










Category…No1
Copyright (C) 2007 スッキリ☆安心生活のすすめ! All Rights Reserved